景品表示法を知る

大勢で行く旅行やイベントなどでビンゴ大会などを開催することがありますが、くじなどに当選をした時には景品を用意しなければならないシチュエーションもあります。
しかし闇雲に景品を用意してはいけない規制があります。
それが景品表示法です。

景品表示法というのは別名で、正しくは不当景品類及び不当表示防止法といわれています。
これは景品となる商品もしくはサービスの品質、さらには内容や価格について偽った状態で表示することを規制しています。
これで誰もがより良い商品もしくはサービスを手に入れることができるようになります。
景品表示法は自主的で合理的な選べる環境を作り出すことができる規制なのです。

そんな中で景品表示法で指定している一般的な景品というのは、いわゆる粗品やおまけそして宴会などで提供される賞品といったものです。
経済的な利益になる商品などは景品表示法の対象となりますので、注意して選択しましょう。
もしも景品表示法に該当した時、その景品表示法が適用されますので、しっかりと頭に入れておきましょう。
景品類の金額についても景品表示法では定められており、限度額等が細かく定まっています。

そのため限度額を過剰に超えているような景品を提供した場合は、消費者庁によって景品を提供した事業者に対して、制限したり禁止してしまうことがあります。
一般的な懸賞はクローズド懸賞ともいわれており、商品やサービスを中心に提供します。
キャンペーンなどで容易をする際には景品表示法に気を配りながら容易をしていくようにしましょう。


☆特別外部リンク
ビンゴ大会などの景品を選ぶ際に便利な通販サイトです⇒ ビンゴ景品